お問い合わせはこちら

東京 ☎03-3259-1511 メールでご相談>

大阪 ☎06-6292-1511 メールでご相談>




野生のゴリラに会える国 ルワンダ


ルワンダはアフリカ大陸のほぼ中央に位置し、コンゴ共和国、タンザニア、ウガンダ、ブルンジに接した内陸にあります。首都のキガリ以外はほぼ丘陵地で、北西の火山群から南東へは険しい山々が連なっています。中央高地には多くの湖沼もあり国土の約1400平方キロメートルは湖です。アフリカの自然や人々の暮らしをにコンパクトに満喫できる国はルワンダをおいて他にありません。熱帯雨林の森、火山、サバンナ、湿地帯、湖などの多様な自然環境と、そこに住むたくさんの貴重な動植物、そして王国時代から続く伝統的な文化…そのどれもが首都キガリから3時間以内で体験できます。ルワンダ観光には「移動」だけの退屈な時間はありません。アフリカの魅力がぎゅっと詰まった国がルワンダです。絶滅危惧種に指定されているマウンテンゴリラを見ることができるゴリラトレッキングは有名です。

マウンテンゴリラ・トレッキングページトップへ>

マウンテンゴリラ・トレッキング
Gollila
Treking
人生を変える 
マウンテンゴリラ・トレッキング

ルワンダ・ボルカノ国立公園。標高2300mもの山の中に生息するマウンテンゴリラ。ジャングルの道なき道をかき分けて歩いて行くと、その先に広がるのが、彼らの棲む熱帯雨林の真っただ中。まさに緑のサンクチュアリー(聖地)です。運がよければ30分、乾季で水や食料を求めてゴリラが遠くまで移動している季節は片道2時間以上歩くこともあり、トレッキングの所要時間は運次第。何といっても類人猿の中でも最高に魅力的とされるゴリラたち。苦労の末にその姿を至近距離で目の当たりにできる体験は、生涯の思い出になるほどの貴重なもので、まさに感動のひとときなのです。人を警戒せず、すぐそばに近付いてくることもあり本当にびっくりです!


ゴールデンモンキー・トレッキングページトップへ>

ゴールデンモンキー・トレッキング
Golden monkey
Treking
ユニークで愛らしい人気者!
ゴルデンモンキー!

ルワンダのボルカノ国立公園では、ゴリラのほかにも、ゴールデンモンキーのトレッキングが人気です。赤茶色の身体に、ふわふわとしたシルバーグレイの毛が生えた顔にはくりくり目玉が愛らしい、でもその姿はかなりユニークなお猿さんです。竹林の奥深く、竹の皮をはいで食べるのが大好きな彼らは、竹の木の枝の間や、地面に下りて歩き回っている姿も観察できます。ゴリラトレッキングと同様に、公園事務所でグレープが決まり、レンジャーさんのブリーフィングを受けて、車でトレッキングの入り口へと向かいます。こちらもゴリラと同様、ポーターさんを雇って荷物の負担なく、全部で2時間くらいの歩きで出会える可能性も高いのです。


キガリページトップへ>

タンナ
Kigali
内線を乗り越え、
驚異の経済成長を遂げる街

かつてルワンダを襲った現在史の悲劇と呼ばれる内戦時の大虐殺。今はまったくそんな面影すらないほど平和で穏やかな国ですが、首都キガリを訪れるなら、「ジェノサイド・メモリアル・センター」は必見です1994年ルワンダの内戦による大虐殺で80万人もの多くの人々の命が奪われました。二度と悲劇を繰り返さないために生まれたメモリアルセンター、近代化の進む街 でも忘れてはならない負の歴史です。現在はインフラも進み、アフリカの奇跡と呼ばれるほど驚異の経済成長を遂げている街の1つです。